指導内容と教材

指導内容

発声練習は、脳活に大変有効です。

国語の学力アップは、学校の授業で先生の話を良く聞くことが一番大切です。
語彙力の基本は漢字です。
日々漢字を覚えることを学習習慣として取り入れてください。

小学生基礎
教材画像

額に数字を浮かべての暗算訓練は集中力の養成に大変有効です。
単純な計算訓練は特に小学校4年までに完成することが大切です。

教材画像

割り算や穴あき四則計算は中学数学の基礎づくりに必要です。

教材画像

分数の理解に十分な時間をかけます。
約分、通分、仮分数、帯分数に対してストレスのない状況に。
素早い計算力は中学・高校数学の学習に大きな影響力を与えます。
大きい数の計算、特に、万・億・兆のスムーズな変換は、概数・単位計算の基礎になります。

教材画像

そろばんの珠ではなく、数字を直接額に浮かべて暗算する方法を指導しています。
近頃の小学生は、分数を小数に変える訓練が少なく学力の低下の一因になっています。
約分、倍分も同様に、根気よく訓練する必要があります。

順序立てた計算手法を身につけ、額に数字を浮かべての暗算訓練は
集中力の養成に大変有効です。

小数の掛け算・割り算も簡単なチェック法の指導でミスがなくなります。

文章題は単位を省いて考えるのではなく、単位を中心に大切に扱うことが
必要です。

小学生応用
教材画像

小学校の4・5年から、先取り学習に対応可能な生徒に対しては、中学の指導要領に
基づき、正の数と負の数の四則計算・文字式・方程式と進みます。
結果、当教室で 中学2年生で、数学検定準2級(高一終了レベル)を取得しています。

中学生基礎
教材画像

二つの数量の変化や対応を調べ、比例・反比例の関係を理解し表現出来る
能力を伸ばします。
一次関数のとる値の変化の割合とグラフの特徴を理解します。
関数y=ax2について理解 し、高校で本格的に習う二次関数へ続けていきます。
展開や因数分解 ・平方根・二次方程式は得意項目になるまで鍛えます。

教材画像

図形の証明の意義と方法について理解する時間を十分にとります。
平面図形の性質を三角形の合同条件などを基にして確かめ
論理的に考察する能力を養います。

中学生応用
教材画像

英語は、先取り学習や集中学習の出来る科目です。
実際、当教室の生徒が、アルファベットから初めて、1年半で
英検準2級(高一終了レベル)を取得しています。
中学2年の6月の時点で英検準2級です。
さらに先に進むことで、英語では一生苦労することはないでしょう。

教材画像

英語を、わかりやすく体系化することで先取り学習を可能にします。

教材画像

中学2年3年で高校英語の学習が可能です。

教材画像

理科も数学と同様に体系的に理解することで忘れにくくなり自信がつきます。